スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴン考察

常々「ドラゴン(笑)」「ブレス(笑)」「パズル&ゴッズ」と揶揄されているドラゴン。
本当に使えないのか?本当に弱いのか?
そんなところを考えながら考察していこうと思う。

参考資料:
・パズドラ攻略(AppBank)
・パズル&ドラゴンズ非公式wiki
・wikipedia

※紹介順は図鑑No.順で、進化後は進化前初出時に併せて紹介する。
※また、一般に言われている名称でカテゴライズする(玩具龍、御三家、等)

◆御三家
ティラ-ティラン-ティラノス-爆炎龍ティラノス-爆炎龍・グランティラノス
プレシィ-プレシィール-プレシオス-氷塊龍プレシオス-氷塊龍・デプスプレシオス
ブラッキィ-ブラッキオ-ブラキオス-大花龍ブラキオス-大花龍・ガイアブラキオス
プテーラ-プテラス-プテラドス-太陽龍プテラドス-太陽龍・ソルプテラドス
スピノン-スピナス-デスピナス-月光龍デスピナス-月光龍・ルナデスピナス

モチーフ:恐竜
ティラノサウルス
プレシオサウルス
ブラキオサウルス
プテラノドン
スピノサウルス?

誰でも最初は必ずお世話になるドラゴン。
リーダースキルも属性攻撃力倍で敵モンスターのHPが低い序盤では強い。
最初に引いた御三家でどの属性にするか決めた人も多いのではないだろうか。
究極進化させればLSに回復力倍も付き、中盤まで使っていける。
しかし、基礎ステータスが低めであることと、昨今の敵モンスター攻撃力とHP増加が著しく、中盤以降は息切れ気味。
スキルは必要ターン数が多い上に基礎ステータスの低さがたたってダメージも期待できない。
中盤以降は倉庫番となってしまうが、序盤のリーダーとして活躍できる。


◆カラードラゴン
レッドコドラ-レッドドラゴン-ボルケーノドラゴン-メテオボルケーノドラゴン
ブルーコドラ-ブルードラゴン-オーロラドラゴン-クリスタルオーロラドラゴン
グリーンコドラ-グリーンドラゴン-アースドラゴン-グラビトンアースドラゴン
ホワイトコドラ-ホワイトドラゴン-ホーリードラゴン-ライトニングホーリードラゴン
ブラックコドラ-ブラックドラゴン-デビルドラゴン-カオスデビルドラゴン

モチーフ:色

パズドラゲームアイコンに採用されているボルケーノドラゴンを筆頭とした、各属性色を冠するドラゴン。
高めの固定ダメージであるブレスとリーダースキルの属性半減が特徴。
高い攻撃力を持った敵モンスターが出てきたときにお世話になる。
攻撃だけではなく耐えることも必要だと教えてくれるイケメンドラゴン達。
簡単に手に入る割にはステータスもそれなりに高く、序盤はサブでも活躍できる。
序盤は溜まればほぼ必殺となるブレスと、属性半減で特定のゲリラダンジョンで活躍でき、末永く使っていける。

番外;カオスブリザードドラゴン
見た目はカオスデビルドラゴンだが、スキルは闇歴龍と同じ。
ステータスも悪くなく、スキルの必要ターンも少ないので採用する価値はある。


◆イフリート他、複数の究極進化を持つドラゴン
※究極進化先は多すぎるので割愛
サラマンダー-イフリート
シーサーペント-リヴァイアサン
ドラゴネット-ファフニール
白龍-神龍
バジリスク-ティアマット

モチーフ:神話の架空生物

筆者の記憶では、初めての究極進化を遂げたドラゴン(伝説が先の可能性も)
入手何度の割には低いステータス、御三家と同等、または劣るスキル/リーダースキルと
ドラゴンの中では不遇。
主属性固定でサブ属性のみで戦うテクニカルダンジョンが追加され、日の目を見るかと思ったが、
入手何度の高さが災いしてオーガ系の究極進化に枠を取られる。
敢えて採用する必要もなく、完全に趣味のドラゴン。


◆伝説龍
炎龍・ムスペルヘイム-究極炎龍・ムスペルヘイム
氷龍・ニブルヘイム-究極氷龍・ニブルヘイム
島龍・ユグドラシル-究極島龍・ユグドラシル
機龍・ヴァルハラ-究極機龍・ヴァルハラ
邪龍・ヘルヘイム-究極邪龍・ヘルヘイム

モチーフ:北欧神話に出てくる国、または場所の名前。九つの世界とユグドラシル+ヴァルハラ。

残念ドラゴン第二弾。
究極進化しても並のステータス、カラードラゴンとかぶるリーダースキル、必要ターン数が多く使いづらいブレスと、
ドラゴンの悪いところを集めてしまったようなドラゴン。
イフリート等と同じで趣味で採用している人しかいない。


◆天空龍
緋天龍・エルドラド-緋天蒼龍・エルドラド
蒼天龍・ニライカナイ-蒼天夜龍・ニライカナイ
樹天龍・ホウライ-樹天緋龍・ホウライ
聖天龍・シャングリラ-聖天樹龍・シャングリラ
夜天龍・エリュシオン-夜天聖龍・エリュシオン

モチーフ:神話、伝説に出てくる場所。理想郷や楽園。

倍率が低いながらもスキルマックスにすれば僅か5ターンで発動できるブレスを持ち、
HPは低いが、全モンスター中屈指の攻撃力をもつドラゴン。
ピーキーな能力だが、その攻撃力の高さからドラゴンの中でも採用されやすい。
ただし、Lvが低いうちは能力が低く、必要経験値も多いため活躍するのは必然的に中盤以降となる。
最近になって究極進化し、攻撃タイプもついたため、採用の幅が広がった。


◆魔剣士
エンシェントドラゴンナイト
カオスドラゴンナイト

モチーフ:なし

ドラゴンで唯一のドロップ変化持ち。
ステータスは低めだが、回復はドラゴンの中では高め。
ドラゴンに不足している回復とドロップ変換を補給できる優秀なサブ。
エンシェントドラゴンナイトはリーダースキルが2.5倍で大抵のモンスターなら火力で押し切れるほど。
闇、または木のドラパを組むなら、必ずといっていいほど採用される。


◆機械龍
砲炎機龍・ベテルギウス
氷砕機龍・アルデバラン
旋風機龍・カノープス
皇爪機龍・レグルス
殲滅機龍・ハダル

モチーフ:星の名前

ドラゴンの中でも屈指のステータスと最高火力のブレスを持ったドラゴン。
・・・だったのだが、戦国龍の実装により地位が崩れる。
攻撃力以外の能力全てにおいて戦国龍に劣り、いまでは姿をほとんど見なくなってしまった不遇のドラゴン。




続く・・・かもな!
スポンサーサイト

ARAMについて【0.1版】

Summoner's Riftとの違い。

・一本道である
・bushが少ない
・プレイヤーはレベル3と1375 Goldを得た状態で開始
・自動的に経験値が増える
・全員に1秒毎に6Gold取得、HP回復量-20%、不足しているマナの1%当たり約3%マナ回復のPassiveボーナスが付与される
・リコールができない
・一旦ベースを離れるとショップが利用不可能になり、死ぬと再び利用可能となる
(ショップを離れると店員が姿を消す。ショップから少しでも離れるとすぐに姿を消してしまう)
・ベースではHealthとManaを回復できない
・MAP上にあるHealth Pickupを入手することでHealthとMana(「気」やFury等も増加する)を一定割合回復。3:10に発生し40秒毎に復活する

■ARAM特殊条件についてあれこれ
>>一本道である
横道が無く、ユニットによる移動の干渉も受けやすいため以下のような事柄があげられる
・pokeが当てやすい/避け辛い
・逃げ道が少なく、倒しきられる可能性が高い
・地形を利用した逃げやトリックが機能しない
・常に集団状態であるため、1v1に強い行動が通用しない
・常に集団状態であるため、オーラ系統のアイテム/スキルの恩恵を受けやすい
・常に集団状態であるため、AOEが機能しやすい

>>bushが少ない
・bushによる能力上昇系が機能しづらい
・bushを利用したトリックが予想されやすい(baitやunbush)

>>プレイヤーはレベル3と1375 Goldを得た状態で開始
・最初からultを除いた全てのスキルを持てるため、コンボによる火力を出しやすい
・スタックアイテムを最初から買えるので、スタックを貯めやすい

>>自動的に経験値が増える
>>全員に1秒毎に6Gold取得、HP回復量-20%、不足しているマナの1%当たり約3%マナ回復のPassiveボーナスが付与される
・育つと強いchampが勝手に育つ
・マナ回復が早いため、いつもより多くスキルを使える

>>リコールができない
>>ベースではHealthとManaを回復できない
>>一旦ベースを離れるとショップが利用不可能になり、死ぬと再び利用可能となる
・Mana回復手段が乏しいと、すぐにManaが枯渇する
・healthの回復手段がSummoner's Riftよりも有利に働きやすい
・死ななければいいというわけではなく、死ぬタイミングも考えないといけない

>>MAP上にあるHealth Pickupを入手することでHealthとMana(「気」やFury等も増加する)を一定割合回復。3:10に発生し40秒毎に復活する
・スキルやアイテム以外での唯一の回復手段のため、均衡した強さだとHealth Pickupの取得率によって勝敗が決まり得る。


■ARAMでの一般的な動きについてあれこれ
・スタート直後
特別な理由でもない限り、スタート直後は速やかに買い物を済ませてbushの視界を確保すべき。
bushの中が見えるだけでスタート直後の有利不利が決まる。blitzやthreshなどのhook/grabスキルを持ったchampがいる場合は殊更である。
視界を確保できるアイテムやスキルを持ったchampは積極的にbushの視界をとろう。
ただし、逃げ手段や視界確保手段がない場合は、無闇にbushに入るのはやめよう。
bushに入るときは、poro(ARAMのMAPにいる小動物)の動きに気を付けること。
マスタリーUtiツリーのBiscuiteerをとっていない場合はchampが近づくと離れるため、bushの中にいることがわかる。

・スタート直後にベースで待って買い物
これについて賛否両論あると思うが、筆者は否定派である。
potを一個買うために数秒待つならばわかるが、装備アイテムを購入するために数分待つのはいただけない。
lolをやっている人なら人数差がどれだけ響くかわかるだろう。
一人の装備の充実と集団の有利、どちらを取るか考えたら、答えは明白である。
waitと言って、味方は待ってくれるかもしれないが、相手は待ってくれない。
序盤の不利を覆すだけの価値が、あなたの買ったアイテムにあるのだろうか。

・poke対策
どのMAPでもいえることだが、基本的に規則正しい直線的な動きは相手に行動を予測されやすく、pokeを受けやすい。
相手と直角に動く、相手を中心にして円で動く等の動きを組み合わせてpokeを避けよう。

・push
side gankがないため、pushしたほうが有利。
pokeは強いチームだが、push能力がないため、序盤のアドバンテージを生かせず相手が育ってしまった。なんてこともよくある。
特にAPcarryはpushが早い場合が多いので、pokeに専念せず、minion量を考えて適度にpushもしなければいけない。
また、Health Pickupの取得やbushを占拠することによる視界有利もあるので、できればガンガンpushするべき。

・死ぬタイミング
序盤有利に進められて、一度も死なずに2ndタワーも折った。
しかし、装備のそろった相手に火力が出ず、中盤以降で初めて死んだ。
しかも、その初めて死んだ集団戦の結果、こちらのinhibiまで壊されてしまい、そのままなし崩し的に負けてしまった。
ということを一度は経験したことがあるのではないだろうか。
序盤は装備差よりもレベル差が重要なので、なるべく死なないようにすることは重要だが、
死ぬタイミングが遅くなればなるほど相手との装備差が広がり、更に後半になるにつれて死亡時間が長くなるため、
ワンチャンスで劣勢になってしまう。
そのため、無駄に生きようとせずにさっさと死んで装備を買った方がいい。
また、tank役はhealthがあってなんぼなので、低healthでいるより、さっさと死んで元気な状態で次の集団戦に備えたほうがいい。
ただし、わざと死ぬときには味方に先に言っておき、全員まとめて死ぬことのないように。

死ぬタイミングとしては以下
★前提条件
・タワーを守れるだけの戦力があると判断できる場合。
・ACEをとったが、とてもタワーを折れる状況ではない。
・棒立ちで死ぬのではなく、なるべく相手のhealthを減らす。できれば道連れに。
・executeが狙えるなら狙う。

1.目標である装備を買えるぐらいの資金を入手できた
2.healthが少なく前にでれない

タイミングとしては
・ACEをとった
・十分な資金を持っている
・executeできる
が最高

中盤以降になっても一回も死なずに貧弱な装備のままの味方がいたら、言ってあげよう。

executeするにしても、タワーのターゲットは一人までなので、死ぬ優先度も考えなければいけない。
以下に優先度を記述する。
1.healthの少ないtank役や、自己回復手段を持たないchamp
2.adc、assassinなど、装備によって強さが大幅に変わるchamp
3.poke力が高く、集団戦をせずとも長距離から相手のhealthを削れるchamp

自分が装備を揃えたいからと言って、何も考えずに死ににいくと、残された味方は「相手に資金を与えて強引に死ぬ」か
「死なないように後ろで縮こまっている」しかない。
特に自分がタワー防衛力の高いchampだった場合は先にほかのchampを死なせてあげよう。



■各roleの序盤の動きについてあれこれ
大別してtank、APcarry、ADcarry、assassinについて記述する。
※中盤~終盤は通常のSummoner's Riftと変わらないため序盤に特化した動き
※各roleでもchampによって動きが変わることもあるので、あくまでも一般的なroleの参考例とすること
★tank
暇。すごく暇。poke力の強い味方を眺めながらbushでお茶でも飲んでよう。
pushしようとして前に出るとpokeでガンガン削られて集団戦の時に役に立たなくなってしまうので、おとなしく後ろにいること。
タワー下にいるときも、基本的にminionは攻撃しにいかなくていい。minion処理は他のchampに任せよう。
来たるべき集団戦のためにhealthを温存しておくのだ。
ただし、完全に後ろに下がっていると何の脅威にもならないので、適度に姿を見せてプレッシャーを与えておこう。
teamがpoke力が無い場合は、flash等をつかってでも強引にinitiateしなければいけない。
自分のteamのpoke力を見て、俺の屍を越えて行けスタイルか、bush正座してお茶を飲むスタイルか決めておこう。

★APcarry
ARAMにおける花形。多くのAPcarryが長距離pokeを所持しており、ARAMにおいては序盤でどれだけAPcarryがkillを取れるかにかかっていると言っても過言ではない。
相手がふらふらと前に出ているならば積極的にpokeしていき、後ろで縮こまっているようならばガンガンpushしていこう。
pushをすればpokeもしやすい。
ただし、こちらがpokeできるということは、相手もできるということを忘れてはいけない。
なるべく一方的に攻撃できる位置取りを考えていこう。
また、マナ消費も考えておこう。集団戦に対応できるように、一連のコンボができるようなmanaは常に確保しておくこと。

★ADcarry
スキル込の射程距離によって二種類に分かれる。
・range550以下
pokeができないので、前に出てきた相手にのみharassしていくことになる。
しかし、blink持ちや長射程スキル持ちにharassしにいくと思いがけないダメージをもらうことがあるので、harassする相手は選ぶこと。
基本的に装備更新ができる資金を得られるまで我慢。資金が溜まったら積極的にharassしていき、相手を削りながら自分も死のう。
本格的な集団戦が始まる前に装備を整えておきたい。

・range600以上(またはそれに準ずるスキルを持っている)
APcarryのような動き方をするといい。積極的にAAでのharassをしていき、チャンスがあればスキルでのpokeを狙っていく。
ただし、APcarryと比べてベースManaが低かったり、ADを確保するためManaRegを積まないことが多いので、Mana管理を怠らないように。

★assassin
回避性能が優秀なblinkを持っているかで2種類に分かれる。
・持っていない
基本的にtankと同じ立ち回りでいい。
序盤は暇。近づいても無駄に削られるだけなので、おとなしくしていること。
killがとれる場合は貪欲になっていこう。KS上等である。

・持っている
一方的にharassでき、ダメージを受けずに戻ってこれるchampのみ、積極的にharassしていく。
ただし、snareだけは注意。戻ってこれずに死ぬ可能性が高い。ryzeやmaokaiなどにharassしにいかないように。

※supportについて
supportアイテムだけを積んだ純supportは、火力が欠如する関係でARAMでは必要ない。
やるならば、AP、ADビルドにしている中で、いくつかのsupportアイテムを積むというビルドにすること。

■health packについて
MAPに点在するhealth pack。特に回復能力がないchampにとっては命の綱となる。
・序盤
3:10に最初のhealth packがpopするので、minionを押されすぎないようにレーンをコントロールしなければいけない。
特に1stTower近くのhealth packは横取りしやすい/されやすいため、push力が肝要になる。
また、health pack近くには罠がおかれやすいので、相手にshacoやteemoがいる場合は要注意。
boxのfearを食らってる間に死んでしまった。なんてことがないように。特に序盤のAPshacoのboxや中盤以降のAPteemoのshroomは馬鹿にならないダメージをうけてしまう。。

・中盤以降
敵にとられるぐらいならhealthが満タンでもとってしまえ、が基本である。
特に、ACEをとったあとの撤退時には、戻るときに全てのhealth packをとってしまったほうがいい。
譲り合った挙句に敵に取られるぐらいなら、さっさと自分で取ってしまおう。



★各champについてのARAM適正とその立ち回り、おすすめスタートアイテムについて
・ARAM適正は高い方からS・A・B・C・D・Eの六段階で分ける。
・汎用的なスタートアイテムについてはここで定義する。
・champによってはスタートアイテムだけでなく、おすすめビルドも記述する。

■ManaReg汎用
Chalice of Harmony
Amplifying Tome
Health Potion

■ADC汎用
Doran's Blade
Vampiric Scepter
Health Potion

■tank汎用
Giant's Belt
Rejuvenation Bead
Health Potion

---------------------------------------------
ahri
適正:B
EのtauntとQのharassが優秀。また、passiveでspellvampがあるため、回復もそこそこできる。
ただし、集団戦はそこまで強くなく、各種スキルもそこまで射程が長いわけではないので、ahriを上回る射程距離のスキルを持つchampがいると仕事ができない。
集団戦ではultの機動力を生かし、assassinのような動きで相手のAPやADCを狙っていこう。
スタートアイテム:ManaReg汎用
---------------------------------------------
akali
適正:D
射程が短く、育つまでが遅い。
また、ステルス看破アイテムが序盤から簡単に購入でき、Wが機能しないのも痛い。
ただし、ARAMではAP偏重になりがちなので、序盤を我慢して堅実に稼いで装備をそろえれば、楽しい楽しい虐殺タイムが始まる。
tankyが多い場合はゆっくりと死んでいくしかないが。
---------------------------------------------
alistar
適正:A
強烈なCCとinitiate能力、序盤を支える範囲回復をもった万能牛さん。
散らばりにくいARAMではQが複数に決まりやすい。
調子に乗って牛にharassし行ってWQコンボでそのままタコ殴りにされて死に至るADCが続出。
本来なら放置したいところだが、AP装備をがんがん積んでいると放置できない。だがfocusしてもultがあるため簡単に死なない。
とにかく固い。おまけに意外とダメージがでる。ARAMにおいては最強クラスのtankである。
スタートアイテム:Chalice of Harmony、 Ruby Crystal
お勧めビルド(AP):Iceborn Gauntlet or Lich Bane、 Liandry's Torment、 Sunfire Cape、 Abyssal Scepter、Athene's Unholy Grail 、 3靴orMRpen靴orTena靴
お勧めビルド(tank):Guardian's Horn、 Trinity Force or Iceborn Gauntlet、 Sunfire Cape、Frozen Heart or Randuin's Omen or Runic Bulwark、 Spirit Visage、3靴orTena靴
スキルオーダー:QWE→R>E>Q>W
---------------------------------------------
Amumu
適正:D(Lv6以降A)
ult覚えるまで我慢の時間なのはRiftと同じ。
ultがある間は強気にがんがんinitiateしていこう。
序盤は味方次第。後半は、tankがいるならAP、いないならtankにしよう。
---------------------------------------------
anivia
適正:B
Qの射程は長いが、弾速が遅いため避けられやすく、おまけにEの射程が短いのでコンボを決め辛い。
真価はLv6以降のpush力とタワー防衛力にある。
安全な位置からultを置くだけで相手は近づきがたく、executeも取りづらい。
また、passiveがあるためACEを取られにくい。
Wのrankが上がると相手を分断しやすいのも強み。
スタートアイテム:ManaReg汎用
お勧めビルド:Athene's Unholy Grail、 Liandry's Torment、 Rabadon's Deathcap、 Archangel's Staff、 Void Staff、 Mpen靴
---------------------------------------------
annie
適正:C
遠距離確定stunで一方的にharassができるのはRiftと変わらず。
また、ultのTibbersでTower下にいるchampを下がらせることができ、executeしやすいのも強み。
---------------------------------------------
Ashe
適正:S
ADCの中でも長めのAA、長距離広範囲harassのW、bush確認のE、ultの超射程stunと、ARAMで欲しい要素が詰め込まれているADC。
TearによりWをほぼ永久に撃て、Qを常にtoggleOnしながらAAすることで容易にスタックを貯めることができる。
しかし、逃げ能力が乏しいのは相変わらずなので、集団戦での立ち位置に注意。
また、harass偏重のビルドにすると集団戦でダメージを出しにくいので、集団戦が始まる前に、どれだけ相手のhealthを減らせるかが肝。
序盤はADをすぐに積みに行くよりも、The Brutalizerを積んでWによるharassを加速させると吉。
スタートアイテム:Tear of the Goddess、 Long Sword
お勧めビルド:Manamune、 The Black Cleaver、 Sanguine Blade、 Statikk Shiv、Infinity Edge、AS靴
















あけましておめでとうございました。

正月は寝正月・・・ではなくアラド賽銭正月でした。
アラ充乙

ところで先日ツイッターで友人とステータス関連の話をしていたところ、自バフでどのくらいステが上がったか気になったので調べてみた。

バフ比較

熱情とストキンまじ神スキル。
そして覚醒Pがありだということに気が付いた。
10秒と効果時間が短いながらも、物理退魔だと気にしなくても発動するのでお手軽。
M振りで90前後力あがったっけかな。物理攻撃力がもっとあるなら上昇率もいいはず。

なにが言いたいかというと、

物理退魔強すぎわろた!

本日の配信13:51~ 4:31:31ほど配信

インファが48になって契約でメカタウ斧11付けたら強すぎワロタゲーが始まっていた。
さぁ、次ぎは聖ケレスとヴォルフガントだ・・・

退魔でヘルいったが何も収穫なし。
あ、最上級最高補正の増進石が2Mでおいしかったです。
レアより青字が高い時代か・・・

船長称号
あ、船長称号おわりました。
攻速、移動、キャスト2%で地味にいい感じ。
効果は確かダンジョン内のお金を拾ったとき増えるんだっけかな。
実装されてないっぽいけど。


蝶オンライン始まる
幻影1
Hでもストレスなくそれなりの速度で連できていい感じ。
カウンターおいしいネ!

69になりましたぐへへ。
特にやることは変わらないんだが。
いつもどおり限定修練終わらせ・・・

あ、今日はヘルいったんだった。
しかも3回行って2回激難!


異常なんてなかった。

ホリミスを出品してるんだが、まるで売れない。
売れたら食人鬼のロザリオ買って、才能を突っ込むんだがなぁ。
あと聖ケレも揃えてあげたいな。

はよ!はよ売れて!
プロフィール

あーく

Author:あーく
あーくです ぽえーん。アラドは死にました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。